続・Cocoon Blocksとの闘い

自分で、色々とボタンを押して試していましたが
結局、よくわからないまま時間が経ってしまいました。
というわけで困った時の「Google先生」で検索しました(笑)

見つけた記事は↓

【Cocoon】ブロックエディターの使い方。
WordPress5.0以降、エディターが新しくなりました。その名も「Gutenberg」。今までのエディターとはガラッと操作画面が変わったこともあって、新しいエディターに慣れないわーという声も多く寄せられました。さて、Gutenbergが

まずは、エディタをヴィジュアルエディタ⇒ブロックエディタに
設定を変更しようとしたら、私のバージョンでは、選択する箇所がない
※これは、昔は選べたってことなんでしょうか?今は選ぶ必要ない?

「文字数やブロック要素の数、見出し一覧を確認できる!」
そんなこともできたんですね~
記事を書くときにわざわざ見出しを作成していなかったので
これから記事を書くときに構成を意識しなくては(笑)

しかし、知りたかったのは
スタイルの変更の仕方・・・
例えば、memoって左上に書かれたボックスを作成する方法が知りたい
もうちょっと調査・・

ビジュアルエディターの機能のみでリストをボックスで囲む方法
順序リストや非順序リストをビジュアルエディターの機能のみでボックスで囲む方法です。

↑リストをボックスで囲む方法に到達しました。
しかし、知りたいのは、まずボックスで普通のテキストを囲む方法なんです。
※調べれば、調べるほど課題が増えていく・・(´;ω;`)

【解決】スタイルコマンドがエディターに表示されない|WordPress・Cocoon
WordPressのクラシックエディターのメニュー欄にCocoonのスタイルメニューが表示されない場合の対処方法をご紹介します。結論として解決方法は意外と簡単で、TinyMCE Advancedでの設定が足りなかったのが原因でしたのでスタイルメニューを表示させる手順をご紹介します。

↑スタイルコマンドがエディターに表示されない!
まさに、自分の知りたいことのようなのですが
エディタの雰囲気からして私と違う・・どういうこと?
※私の使っているのが、ブロックエディタということなのでしょうか?

↑は、自分のエディタです
一応、一番左にマウスを持っていくと
↓「ブロックタイプまたはスタイルを変更」とは、なっているのですが・・
 自分が作りたいボックス(左上にmemoって書いてあるやつ)が作れない・・なぜ?

なんとなく、エディタを変えることができれば行けそうな気がしてきた
さらに調査していくと

cocoonビジュアルエディタでスタイル・吹き出しを表示する
cocoonの記事投稿のビジュアルエディタのスタイル・吹き出しはそのままのブロックエディタでは表示されません。なのでブロック追加の+マークより、クラシックエディタを追加する必要があります。スタイル・吹き出しを表示する方法やり方はいたって簡単

↑Cocoonビジュアルエディタで、スタイル・吹き出しを表示する
「これだっ!!」
ついに、スタイルボタンが表示されることを確認できました(笑)

ブロックを追加する画面から「フォーマット」⇒「クラシック」で表示できました。
※今まで選んでいた「ブロックタイプまたはスタイルを変更」は罠でした(笑)

ようやく、スタイルボタンを表示できたところで、
パワーが尽きたので、スタイルでどんなことが
できるのか調べるのは、また別の機会にしたいと思います(笑)


コメント

タイトルとURLをコピーしました